ビ-チとのフラボ個人戦。
昨年の3月から大会に参加して、
沢山の思い出ができました。

私は、5年前、脳梗塞をして、体に障害があります。
他人から見た目には、わからないみたいです。
頭より下の左の感覚がありません。
力もありません。
痛くもありません。
感覚がないので、走ると転びます。
飛行機旅行、高い山の登山禁止です。

緊張すると、パニックを起こします。

私は、我が家の犬達と楽しく遊びたい一心で、
リハビリを頑張りました。

でも、健康な時と同じには動けません。

倒れる2日前まで、ケンタとアジリティ-もしていましたが、
現在走る事ができないので、
本格的な競技参加ができなくなりました。

目標がないリハビリほど辛いものはありません。

アジ仲間が、
『シ-プでリハビリしたら』と
ビ-チを譲ってくださいました。
シ-プって、口笛を吹くだけで、簡単~だし~。
大きな間違えでした。
初めて、シ-プ練習に行って、『ガビ-ン』
シ-プで、口笛吹いて、羊を動かすどころか、
ビ-チが羊を咬まないように、私が体を張って、練習。
出来るわけ、ありません。
すぐ、『シ-プ』は、パパに変更。

そんな時、現在のチ-ムから誘われ、
ビ-チはケンタ君のお付き合いで、フラボを始めました。
最初は、『ガゥ~』があるので、個人参加を目標。

ロ-ダ-にボ-ルを置いたり、
ビ-チに声をかけたり、
私は楽しくて自然と、体力もついてきました。

そして、JKCフライボ-ルの個人戦、
私がロ-ダーをする事になりました。

私に障害があるので、チ-ムの男性人が、
ロ-ダ-のセッティングを、
毎回快くお手伝いをしてくださいました。

ビ-チは楽しくフラボをしてくれて、
初戦から優勝。
そして、東京ビッグサイトだけ2席で、
他は、全部優勝。


3回目の参加から、
色々な声が聞こえたり、言われました。
皆さん、私の事情なんて、ご存知ないんですものね。

今の私の本音を書きます。

本当は、パパと、私と、ビ-チで、ず~っと、
フラボ個人戦に参加したいです。
優勝も、理事長賞も、嬉しい事ですが、
それより、
ビ-チと楽しく、フラボ大会に参加できるという事が、
私にとって、生きて行く励みなんです。
気がついたら、そうだったんです。

健康な方達は、アジでも何でも参加しようと思えばできます。
小さなお子さんだって。
お年寄りだって。


でも、私には、フラボが唯一参加できる競技だったのです。

それも、個人戦のロ-ダ-だけ。
団体戦は、4頭のボ-ルを、ロ-ダ-に間に合うようセットできません。
そして、ハンドラ-になり、
ビ-チの首輪を抑える事も出来ません。
全力で走る事もできません。

スポ-ツで一緒の時間を過ごす。
とても、充実感を味わう事ができました。

楽しかった個人戦フラボに参加する度、
優しく声をかけてくださる方もいらっしゃいますが、
私が精神的に辛くなる言葉もありました。

リハビリのお陰でで、歩く姿が、健常者と変わらなくなってきました。
杖をつくのが恥ずかしくて、
皆さんの前では、頑張って歩いてしまうのです。
そして、人がいなくなると、硬直。
それでも、ビ-チとのフラボは楽しいです。


今回、本部フラボ大会で私達&ビ-チ、
自分達が納得がいくパフォ-マンスが出来たら、
一区切りするとパパと相談していました。

私が、辛く思っている気持ちがビ-チには辛かったでしょう。
良くなってきた関係が、前夜崩れてしまいました。

そんな事があったのに、
試合当日ビ-チは、パパと私、喜んでフラボをしてくれました。
そして、私の所に、楽しく走ってきてくれたのです。

ビ-チ
ありがとう。



また、心から楽しく個人フラボ参加できるまで、
私は、ビ-チと楽しく過します。

そして、優しく接してくださってる仲間と、
パパとビ-チは団体戦をします。

もう、愚痴は書きません。

こんな書いちゃったけれど、
気が変わって、次も個人参加しちゃったりして~。


今日は5月1日
気持ちを新たに。
今夜から、連休旅行。
リフレッシュして、心、元気になってきます。
体は、疲れちゃうな~。
ビ-チと楽しい思い出沢山つくろぅ~。